濱風アート株式会社 沿革

会社沿革

明治14年 創始者・濱風弥三郎が寺町通り高辻北入にて京都最初の貿易商として刺繍中心に開業
大正12年 濱風清が事業継承(2代目)
昭和 7年 濱風伊之助が事業継承(3代目)
昭和15年 戦争により貿易が困難になり、国内向取引に転換
昭和21年 全国有名百貨店との取引開始
昭和28年 掛軸及び日本画の取扱を始め、業務を拡大
昭和33年 濱風伊之助、個人事業を法人化
株式会社濱風商店設立 資本金300万円
昭和36年 京都市伏見区に額縁製造のための伏見工場を開設
昭和39年 東京都文京区千駄木2丁目29-4に東京出張所を開設
昭和42年 東京出張所を東京支店に変更
昭和47年 株式会社濱風商店を濱風アート株式会社に社名変更
昭和48年 油絵及び洋額の取扱を開始
昭和55年 水彩・版画の取扱を始め、額縁と併せてインテリア全般に事業拡大
昭和59年 創業100周年を記念し現在地ヘ本社新築移転
昭和60年 濱風吉彦代表取締役に就任(4代目)
昭和62年 会社設立30周年を迎え、記念事業として絵画、額縁、インテリア装飾の大規模展示会を挙行
平成元年 関連会社(有)フレームショップ巧を設立
平成 4年 創業111年を記念した諸行事を遂行
平成 6年 新世代の額縁受注システムとしてCMS、モールディングを活用したイージー オーダーシステムを導入
平成 8年 福岡営業所開設
平成10年 大塚国際美術館展示の全作品向けに別注額縁を制作納入
平成14年 創業120年を迎え、記念式典を挙行
平成15年 濱風勝が代表取締役に就任(5代目)
平成18年 地域環境の向上に資するため製造部門を宇治市槇島に移転
平成20年 会社設立50周年を記念し、創業の地 寺町通りに本社を新築移転
平成27年 本社を京都市南区上鳥羽に移転