季節異名

季節異名

1月 睦月 ムツキ
端月 たんげつ 正月の別名。端は始めの意。
献春 けんしゅん 春をたてまつる正月の異称。
三朝 さんちょう 宮廷で燕朝・内朝・外朝の三つを言う。月日の始めの意。
陬月 すうげつ 正月の別名。
正朝 せいちょう (正旦)と同意語1月1日の朝の事。
開端 かいたん 物事を始める意、(端)は始めの意味有り。
履新 りしん (履端)と同意語で新年の事。
2月 ( 如月 キサラギ )
夾鐘 きょうしょう 12律(6律6呂)音階を表す言葉。
令月 れいげつ 旧暦2月の別名で良い月の意。
陽中 ようちゅう 春の別名(陽月)は旧暦10月の別名。
夷鐘 いしょう 春の異名。
仲春 ちゅうしゅん 旧暦春3ケ月(1月・2月・3月)の中の月。
3月 ( 弥生 ヤヨイ )
青陽 せいよう 春の異名。
修禊 しゅうけい (3月3日に川の水で身を清める行事)春禊と同意語。
嘉月 かげつ 旧暦3月の別称で同意語に(桃月)(喜月)などあり。
暮春 ぼしゅん 春の終わりの意、同意語(晩春)。
姑洗 こせん 12律(6律6呂)音階を表す言葉。
暮律 ぼりつ 春の終わりの意(暮春)(晩春)と同じ。
4月 ( 卯月 ウズキ )
仲呂 ちゅうろ 12律(6音6呂)音階を表す言葉。
首夏 しゅか 夏の始めの意 (首)物事の始まりの意あり。
清和 せいわ 晴れて暖かい日 旧暦4月1日を言う。
六陽 ろくよう 夏の異名。
純陽 じゅんよう 穏やかな陽の意味。
乾梅 かんばい 乾いた梅(梅の季節の終わった意味)。
5月 ( 皐月 サツキ )
午月 ごげつ 5月の異名(端午の月)の意。
星月 せいげつ (星が輝く月)との意。
夏五 かご 5月の夏と言う意味。
鶉月 じゅんげつ 5月の別名。
蒲月 ほげつ 陰暦5月の異称。
仲夏 ちゅうか 夏3ケ月(4月・5月・6月)の中の月で旧暦5月のこと。
6月 (水無月 ミナズキ)
林鐘 りんしょう 12律(6律6呂)音階を表わす言葉。
季夏 きか 夏の末旧暦の6月の別称。同意語(晩夏)。
三伏 さんぷく 夏の土用を初伏・中伏・末伏の三伏に分けて言う。
且月 しょげつ 陰暦6月の別名。同意語(焦月)。
7月 (文月 フズキ)
蘭月 らんげつ 蘭はラン科植物の総称で秋の七草の一つ。
蘭秋 らんしゅう 蘭の咲く秋と言う意味。
相月 そうげつ (相)は旧暦7月の意。
夷則 いそく 12律(6律6呂)音階を表わす言葉。
中元 ちゅうげん 陰暦7月15日。(上元1月15日。下元12月15日)
涼月 りょうげつ 涼しげな月。陰暦7月の異称。
8月 ( 葉月 ハヅキ )
南呂 なんろ 12律(6律6呂)音階を表わす言葉。
仲秋 ちゅうしゅう 旧暦3ケ月(7月・8月・9月)の中の月。
桂月 けいげつ 月の中に<かつら>の木があるという伝説による旧暦。8月の別名。
中律 ちゅうりつ (律暦)こよみの事。1年12ヶ月の法則。
寿星 じゅせい (寿)は星の意味もある。
9月 (長月 ナガツキ)
素秋 そしゅう 五行説で秋を白に配した事から言う。
菊月 きくづき 陰暦9月の異称。菊が咲く頃なので言う。
晩秋 ばんしゅう 秋の終わりとの意。
玄月 げんげつ 陰暦9月の別名。
綾衣 りょうい 綾とは色彩豊かな織物。秋の紅葉に見立てて言う。
10月 ( 神無月 カンナヅキ )
鷹鐘 おうしょう 2律(6律6呂)音階を表わす言葉。
玄冬 げんとう 冬の別名。5行説に依る名。
陽月 ようげつ 陰暦10月の別名。
折木 せつぼく 冬の別名。
孟冬 もうとう 冬の初め。(孟秋)秋の初め (孟夏)夏の初め (孟月)陰暦1月・4月・7月・10月のこと。
11月 ( 霜月 シモツキ )
暢月 ちょうげつ 陰暦11月の別名。
黄鐘 をうしょう 12律(6律6呂)音階を表わす言葉。
相天 そうてん 冬の異名。
復月 ふくげつ 陰暦11月の別名(冬至があって一陽来復するため言う)。
12月 ( 師走 シワス )
雪月 ゆきづき 陰暦12月の異称。
窮陰 きゅういん 冬の末 陰気のきわまる時の意。
嘉平 かへい 陰暦12月の称。
大呂 たいろ 12律(6律6呂)音階を表わす言葉。
調年 ちょうねん 年末の異称。
< 12律(6律6呂) >
12音の楽律でこれを12ケ月及び12支に配当したもの。
11月 黄鐘(をうしょう)
12月 大呂(たいろ)
1月 大そう(たいそう)
2月 夾鐘(きょうしょう)
3月 姑洗(こせん)
4月 仲呂(ちゅうろ)
5月 ずい賓(ずいひん)
6月 林鐘(りんしょう)
7月 夷則(いそく)
8月 南呂(なんろ)
9月 無射(ぶえき)
10月 鷹鐘(おうしょう)
< 6律とは >
11月・1月・3月・5月・7月・9月
< 6呂とは >
12月・2月・4月・6月・8月・10月